コレクション: ピオーネ/ニューピオーネ

ぶどう王国『岡山』で古くから名産として栽培されている「ピオーネ」

イタリア語で「開拓者」という意味を持つピオーネは昭和48年に品種登録され、栽培面積が全国1位の岡山県では馴染みの深いぶどうです。

露地栽培では8月に入ると収穫され始め、8月下旬から10月初旬頃までが旬の時期とされています。

ピオーネは巨峰とマスカットの交配種であり、巨峰に似て色は濃い紫から紫黒色、粒が非常に大きく食べ応えがあるのが特徴です。

また、果粒は巨峰よりやや大きく、爽快な香気(マスカット)もあるため、風味がとても良いことも魅力となっています。

多汁で、糖度が16度以上の強い甘さも特徴ですが、程よい酸味も持ち合わせておりバランスの良いぶどうの味わいを楽しめるため、巨峰と並ぶ人気品種です。

近年は種無し栽培が盛んで、デラウエアと同じようにジベレリン処理を行うことで種無しとなるものが『ニューピオーネ』として栽培・出荷されています。

「産地直送」でお届けする岡山自慢のピオーネを是非お楽しみください。

2個の商品